1. 要件 主な機能・魅力

1.1 ユーザーに提供する機能

(基本機能)
  1. xls からデータセットを自動作成
  2. データ管理 / 属性(人、部署、カテゴリー)、アップデート
  3. RDFの作成
  4. 公開機能
(便利機能)
  1. geoオートコンプリート

1.2. サービス体系と価格

1.2.1 サービス体系

クラウド版とパッケージ版を作成。

  1. 無料版 (オープンデータ研究所、既存サービス)
  2. クラウド版  (SaaS型。年額課金)
  3. パッケージ版 (客先インストール、保守契約型)
パッケージ版の違い

別にパッケージ管理サーバーと定期的に通信し、動作制限(契約期間だけ動作)とアップデート処理を行う。

  1. 定期通信
  2. アップデートチェック
  3. 契約期間チェック

(SaaS版)

None

(パッケージ版)

パッケージ版はローカルネットワーク動作を想定。公開サーバーへの接続は行わない。

※別途、公開サーバーへエクスポートする機能を実装?

None

1.2.2 価格

サービス 価格 契約単位
SaaS ???,??? 1年
パッケージ ???,??? 1年

1.3. 基本機能

1.3.1 データセット作成

XLS/XLSX から CSV XML JSON からなるデータセットを自動作成する機能。

None

1.3.2 データ管理

データ登録、コンバート、各種管理をするためのコンソール。

  1. データ登録
  2. 部門管理
  3. ユーザー管理
  4. データのバージョン管理(同じデータのバージョンアップ)

1.3.3 RDF作成

利用者の登録データや公開ファイルからRDFを生成する機能。

データセットへのリンクを記述したアカウント単位、部門単位のRDFを作成。

None

1.3.4 公開機能

一般のWebユーザーがデータセットを閲覧することが出来るカタログサイトを提供。 作成したデータセットを設定1つで、このサイトで公開することが出来る。

None

1.4. 便利機能

既存のサービスとの差別化をはかり、課金特性を上げるため『どうしても使いたい!』とおもう利便性を提供する必要がある。

  1. 人件費がOOOくらい浮く、など試算できる要素 (手間)
  2. 利用することで『褒められる』、『評価される』ことがイメージできる要素 (先進性)
  3. データセットなどに付加価値を追加できるような機能 (自動化、高度化)

1.4.1 アップデートRSS 自動作成 (必須)

データセットの追加・変更をRSS(か、似たようなもの)で自動出力。

利用者の本家HPで引用するような使い方を想定。





1.4.2 ソーシャルアップデート (必須)

データセットごとに facebookなどに告知する機能。

データセットが公開されている状態から、簡単な操作で

  • メッセージ(ユーザーが都度、入力)
  • データのURL
  • 定型説明文 ( オープンデータのご利用方法はこちら、など)

をユーザーのフィードへポストする。

→google, facebook, twiiter に同時にポスト?

1.4.3 geoオートコンプリート

一定の条件のデータセットに対して、住所から自動で緯度経度を設定する機能。

google のサービスを使って、バックグラウンドで少しずつ処理する方法を検討。

データセットの条件

  1. address または “住所”がある
  2. ( lat, lng ) または (latitude , longitude ) がある
  3. 上記緯度経度の値が 0.0 もしくは 空

また、緯度経度がある場合には別窓で地図を表示編集が出来る。

1.4.4 人口マスター

自治体名と性別、年齢などから市場規模の母数を簡単に表示する機能。

D3.js などでかっこいい表示の提供。 iFrameで外部から簡単に使えるような?







1.5. その他のアイデア

(とりえあえず列挙)

*. タグによるデータセット関連システム
→タグキーワードをどのように管理するかが課題
*. RDFエディター。複数のデータセットを結びつけたRDFの作成。
→細かく設定するとインターフェースが大変そうなのでお仕着せの形式で?

1.5.1 データセット関連の方法?

他社サービス Linked data ではtagによってデータ関連がされている。(ただし、イマイチ使いにくい)

タグの課題はキーワードの管理。ハッシュタグのように無限増殖しても使いづらいし、ここのユーザーが設定するとバラバラになる

  • キーワードを誰が設定するし、管理するか?
  • デフォルトのキーワードを用意するか?

1.5.1.1 データセット関連の例

graph doc_relation {
        graph [charset="UTF-8", fontname="MS UI Gothic"];
        title="データセットの関連";
        node[shape = component];

        "user1"[label="渋谷区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2"];
        "user2"[label="世田谷区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2"];
        "user3"[label="新宿区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2" ];
        "div1"[label="部門1",fontname="MS UI Gothic" ,style = filled,fillcolor="cornsilk" ];
        "div2"[label="部門2",fontname="MS UI Gothic" ,style = filled,fillcolor="cornsilk" ];
        "div3"[label="部門3",fontname="MS UI Gothic" ,style = filled,fillcolor="cornsilk" ];
        "user1" -- "div1";
        "user1" -- "div2";
        "user1" -- "div3";
        "data1"[label="データセット1",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "data2"[label="データセット2",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "data3"[label="データセット3",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "data4"[label="データセット4",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "data5"[label="データセット5",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "data6"[label="データセット6",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="azure",shape="oval" ];
        "div1" -- "data1";
        "div2" -- "data2";
        "div3" -- "data3";
        "div1" -- "data4";
        "div2" -- "data5";
        "div3" -- "data6";
        "div2" -- "data4";

        "key1"[label="統計",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key2"[label="交通",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key3"[label="医療",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key4"[label="学校",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key5"[label="公園",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key6"[label="バス",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key7"[label="手当て",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key8"[label="....",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];
        "key9"[label="駐輪場",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1" ];

        "data1" -- "key1";
        "data1" -- "key3";
        "data2" -- "key2";
        "data2" -- "key6";
        "data5" -- "key2";
        "data5" -- "key9";
        "data3" -- "key4";
        "data6" -- "key8";
        "data1" -- "key7";
        "data4" -- "key7";
        "data6" -- "key5";
        "data6" -- "user2";
        "data3" -- "user3";

}

1.5.1.2 キーの管理はどうする?

CMSでは以下のような階層管理。

digraph doc_level {
        graph [charset="UTF-8", fontname="MS UI Gothic"];
        rankdir = LR
        title="CMS上の管理";
        node [charset="UTF-8", fontname="MS UI Gothic", shape="oval"];

        "account"[label="アカウント" ];
        "division"[label="部門" ];
        "prefacture"[label="市町村",shape="component" ];
        "kind"[label="業種" ,shape="component" ];
        "dataset"[label="データセット" ];
        "tag1"[label="タグ1", shape="component" ];
        "tag2"[label="タグ2", shape="component" ];
        "tag3"[label="タグ3", shape="component" ];

        "account" -> "division";
        "account" -> "prefacture";
        "division" -> "dataset";
        "division" -> "kind";
        "dataset" -> "tag1";
        "dataset" -> "tag2";
        "dataset" -> "tag3";

}

データカタログでタグで関連データを簡単に探せる&示唆するようにしたい。

(キーワードタグ)

graph doc_relation {
        graph [charset="UTF-8", fontname="MS UI Gothic", style=filled];
        title="データセットの関連";
        node[shape = component, fontname="MS UI Gothic"];


        subgraph tags {
                label = "tags";
                node [style=filled,color=white];
        }
        "key1"[label="統計",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key2"[label="交通",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key3"[label="医療",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key4"[label="学校",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key5"[label="公園",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key6"[label="バス",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key7"[label="手当て",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
        "key8"[label="....",fontname="MS UI Gothic",style = filled,fillcolor="darkseagreen1",group=1 ];
}

(自治体タグ)

自治体名や部門名などもキーワードタグとして取り込む?

graph doc_relation2 {
        graph [charset="UTF-8", fontname="MS UI Gothic"];
        title="データセットの関連";
        node[shape = component];


        subgraph tags {
                node [style=filled];
                label = "tags";
                node [style=filled,color=white];
        }
        "user1"[label="渋谷区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2"];
        "user2"[label="世田谷区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2"];
        "user3"[label="新宿区",fontname="MS UI Gothic", style = filled,fillcolor="cornsilk2" ];
}

1.5.2 iBeacon の可能性

NFC と同じような利用が可能な iBeacon を使った情報提供やユーザー行動調査サービスとの連携は可能か?