3. 仕様2 カタログサイト

3.1. 主な機能

  1. データを簡単に探せる
    • キーワード検索
    • タグ検索
    • 自治体検索
  2. データから関連するものを探せる

3.2. サイト構造

データセットの検索サイト。

キーワードは『付加価値連想』

Linked data のようにPOPさが前面に立ちすぎ『公開してます』とアピールして終わりだと残念なので、『データ見た人が発想を促される』ような有意な刺激を与えられる方向

  • マーケティングを刺激する情報?

    • 自治体の人口, 年代別人口を簡単に引っ張り出せる
    • 観光人口、交通機関の乗降客数

などを自治体アカウントに持たせてマーケティング指数(見込み数の評価がしやすくなるような)、を作る?

digraph site {
        graph [ label = "カタログサイト", fontname="MS UI Gothic",  bgcolor = "#f0f0f0" , ]
        title="カタログサイト";
        node[shape = tab, fontname="MS UI Gothic" ,style=filled ,width=2 ];

        landing[ label="ランディング画面", fillcolor="white" ];
        search[ label="検索", fillcolor="white" ];
        list[ label="データセット・リスト", fillcolor="white" ];
        detail[ label="データセット詳細", fillcolor="white" ];
        marketing[ label="マーケティング", fillcolor="white" ];
        mk_rank_dataset[ label="データセット・アクセスランキング", fillcolor="white" ];
        mk_rank_search[ label="データセット・検索ランキング", fillcolor="white" ];
        mk_rank_search_key[ label="検索キーワードランキング", fillcolor="white" ];
        mk_rank_publisher[ label="データ提供者・アクセスランキング", fillcolor="white" ];


        publisher[ label="データ提供者の情報", fillcolor="white" ];
        publisher_list[ label="データ提供者のリスト", fillcolor="white" ];

        tag_list[ label="タグのリスト(big word)", fillcolor="white" ];
        tag[ label="タグ詳細", fillcolor="white" ];

        landing -> search ->list -> detail->publisher -> detail
        landing -> marketing -> mk_rank_dataset -> detail
        marketing -> mk_rank_publisher -> publisher
        marketing -> mk_rank_search
        marketing -> mk_rank_search_key

         search -> publisher_list -> list ->detail
         publisher_list -> publisher
         search -> tag_list -> list -> detail
         tag_list -> tag

}

  • データ提供者の情報

    マーケティングに役立つ情報を提供者が設定するようにレコード構築

  • よく検索されるキーワードの表示

  • データアクセスランキングなどでマーケティングの可能性をアピール



digraph site {
        graph [ label = "アカウント", fontname="MS UI Gothic",  bgcolor = "#f0f0f0" , ]
        title="カタログサイト";
        node[shape = tab, fontname="MS UI Gothic" ,style=filled  ];
        rankdir = LR

        api[ label="api", fillcolor="white" ];
        response[ label="カタログ登録データをかえす", fillcolor="white" ];
        api -> response
}

※API部分はstaticなファイルをレスポンス、もしくは直接ファイルURLアクセス。










目次

前のトピックへ

2. 仕様1 CMS

このページ