事前準備

作成日: 2015年01月25日
作成者: 岩下洋治

(1) アクセスキー取得&ポリシー追加 (一度実行済みなら不要です)

  1. AWSの管理コンソールから、IAM (Identity and Access Management) を選択します。

  2. Usersタブを選び、Create New Users を選択します。

  3. ユーザー名は ‘PPPManager’ と入力し、Createボタンをクリックします。

  4. 成功したら、Download Credentials をクリックしてcsvをダウンロードするか、 Show User Security Credentials をクリックしてデータを見ます。 
    アクセスキーとシークレットアクセスキーが見えるはずです。

  5. もう一度 IAM のトップページにいって、先ほど作成したユーザー ‘PPPManager’ を選択します。

  6. PermissionsタブのAttach User Policy をクリックし、ポリシーを作成します。
    ここでは Power User Access テンプレートを選択し、 Apply Policy をクリックします。

(2) AWS上でセキュリティグループを作成

AWS_lb_security.txt を参照し、セキュリティグループを作成してください。


!注意事項!

☆環境設定 (windows)

環境変数 “HOME” に .boto のあるパス、ローカルの下記に相当するパスを設定する必要があります。 
すでにHOMEがある場合にはそこへ .boto をコピーするのでもOK

 https://dev.famiel.com/svn/ppp/trunk/interio/server_tools/stataic_server_tool

☆CMSサーバーへのputtyログイン方法

54.64.161.212 (開発用)

putty の場合、interio/server/PPP.ppk を秘密鍵として指定します。
もしPPP.ppk がなかったら、PPP.pem を putty 付属の keygen ツールなどで putty形式に変換してから使用します。

https://dev.famiel.com/svn/ppp/trunk/interio/server/PPP.ppk

キーワードは PPP